久松郁実、交際経験の多い男子に抵抗感

久松郁実、交際経験の多い男子に抵抗感

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

 同じ大学だけど違う学部。キャンパスですれ違うことはあっても知らない者同士。そんな女子大生&男子大生が『恋愛学部交流会』で出会い、ランチトーク&デート、ホームパーティーを慣行。1日の終わりに男子から告白し、恋が生まれるのかを追いかける同番組。MCを務めるのはお笑い芸人の陣内智則、モデル・タレントのダレノガレ明美、久松郁実。

 第7話では早稲田大学に通う7人の男女が顔を合わせ、恋愛シラバス1限目では自己紹介を行った。

<左から志賀村遼(文学部4年、以下ハル)、モスブロッカー・デミー・アイコ(政治経済学部3年、以下デミー)、清水元稀(商学部1年、以下ゲンキ)、神美(大学院 政治学研究科2年、以下シンミ)、原子湧(政治経済学部4年、以下湧)、佐藤桃(文化構想学部2年、以下桃)、守屋洋祐(基幹理工学部4年、以下洋祐)>

 恋愛シラバス2限目はグループトーク。早稲田の学生がよく訪れるという洒落たお店で交流昼食会が催された。円卓を囲みながら、話題は今までの交際人数について。女子が2人や1人、交際経験ナシと告白する中、男子最多の交際人数を誇る湧はなんと元カノの人数11人!それを受け、メンバーの女子は「11人やばい…」「まじか」と若干引き気味。スタジオでもMCの陣内が「湧くん、11人はちょっと言い過ぎたね」と苦笑いでダメ出し。同じく久松も「11人って言われたら、その中に入りたくないかも」と複雑な女心を語った。

 恋愛シラバス3時限目では男子が気になる女子を誘い出しデートへ。湧は桃を、ゲンキと洋祐はシンミを誘い、各々デートを楽しんだ。

 次週、残りの男子ハルはデミーと2ショットデートで急接近!?7人の中で恋の嵐が吹き荒れる!次回(25日よる10時30分~)のラブキャンパスもお楽しみに!

(c)AbemaTV