“リアル峰不二子”小倉優香の色香にドキッ 美バストチラ見せ

“リアル峰不二子”小倉優香の色香にドキッ 美バストチラ見せ

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
【小倉優香/モデルプレス=5月28日】女優の小倉優香が、28日発売の「週刊プレイボーイ」24号に登場する。
小倉優香(C)熊谷貫/週刊プレイボーイ
小倉優香(C)熊谷貫/週刊プレイボーイ
抜群のプロポーションから“リアル峰不二子”の異名を持つ小倉は、毎月ひとりの女性タレントをフィーチャーしたグラビア配信サービスで、2017年の売上ナンバーワンを記録。6月から第2弾がスタートすることを受けて、同号では先行カットが公開される。

撮影はタイで敢行。汗ばんだ肌がより色香引き立てるショットとなっている。

表紙は白間美瑠

「週刊プレイボーイ」24号表紙:白間美瑠(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ
「週刊プレイボーイ」24号表紙:白間美瑠(C)栗山秀作/週刊プレイボーイ
今号の表紙にはNMB48の白間美瑠が登場。ほか平嶋夏海、原あや香、HK48の豊永阿紀、ろるらりらが誌面を飾る。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

「相変わらずエロすぎ」『マガジン』25号、武田玲奈の水着グラビアにファン歓喜

「相変わらずエロすぎ」『マガジン』25号、武田玲奈の水着グラビアにファン歓喜

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

ダ・ヴィンチ 2018年6月号 「オトナ女子のための年の差恋愛マンガ」特集

【特集1】あまい? からい? うしろめたい? オトナ女子のための年の差恋愛マンガ【特集2】映画『孤狼の血』公開&続編『凶犬の眼』が刊行! 40歳デビューを経て、社会派ミステリー作家へ 柚月裕子特集 他...

2018年5月7日発売  定価 ​680円

「相変わらずエロすぎ」『マガジン』25号、武田玲奈の水着グラビアにファン歓喜

「相変わらずエロすぎ」『マガジン』25号、武田玲奈の水着グラビアにファン歓喜

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

ダ・ヴィンチ 2018年6月号 「オトナ女子のための年の差恋愛マンガ」特集

【特集1】あまい? からい? うしろめたい? オトナ女子のための年の差恋愛マンガ【特集2】映画『孤狼の血』公開&続編『凶犬の眼』が刊行! 40歳デビューを経て、社会派ミステリー作家へ 柚月裕子特集 他...

2018年5月7日発売  定価 ​680円

吉沢悠×馬場ふみか出演、大杉漣さん主演映画“13年ぶり”パー…

吉沢悠×馬場ふみか出演、大杉漣さん主演映画“13年ぶり”パー…

"吉沢悠×馬場ふみか出演、大杉漣さん主演映画“13年ぶり”パー…" の続きを読む

youtube-グラビア最新動画

【浅川梨奈インタビュー】主演映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』でアイドル役に「役と自分が似てい …

【浅川梨奈インタビュー】主演映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』でアイドル役に「役と自分が似てい …

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈さんが6月9日公開の映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』に主演する。“アイドルが主人公であるゾンビ映画”というユニークな本作、舞台は限りなく現在の東京と同じ世界。浅川さん演じる人気アイドルが、ある日、ゾンビに噛まれてしまい、強制収容される前に逃亡。ゾンビ化するタイムリミット72時間以内にゾンビ血清を探し出すため奔走する…という内容となっている。

劇中に登場するアイドルグループ「TOKYO27区」を、浅川さんと、SUPER☆GiRLS 阿部夢梨さん、元スパガの尾澤ルナさんの3人が演じているが、浅川さん演じる神谷ミクをセンターに、映画の主題歌となっている『Hero』を3人が歌とダンスで魅せるライブシーンも見どころの一つとなっている。今回浅川さんが自身と同じアイドル役を演じるにあたっての思いを語った。

--3月の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」の舞台挨拶では「神谷ミクと浅川梨奈が被らないように意識しました」と語っていましたが、その心は?。

「スクリーンで動いている人間が普段の浅川梨奈にならないようにと。どの役でもそうなんですけど、今回は特にアイドルの役ということで似てしまいがちなので、神谷ミクとしてのステージングの仕方だったり、神谷ミクとしてのアイドル像を出せるようにと思いました。スクリーンでアイドルとして歌っているシーンを見たときに、『あ、スパガの浅川だ』と思われないように」

--具体的にはどういう点に気をつけましたか?

「たとえばダンスの踊り方や表情の作り方とかリップシーン(顔アップでの歌唱シーン)の口の動かし方とか、いつもとは違うように意識しました。普段の自分だったら絶対にしないようなことを織り交ぜてみたり、『アイドルとして100点でありたい』というミクを表現できるようにしました」

--ミクは地下アイドルからスタートして、ようやく人気アイドルへの階段を登り始めた段階。だからこそハングリー精神が強く、「アイドルとしてこうあるべき」という信条もしっかり持っていたり、そういう面でとても意識が高い女の子ですよね。

「『いつか中野サンプラザでコンサートをやる』ことを目標にしていて、その先もアイドルとして成功してゴールを迎えたい子。自分はずっとアイドルとして生きていきたいというわけではなく、そこは違うと思ったんですけど、 ミクのアイドルに対するプライドや思いを大切に、自分との違いを意識して演じました」

--ミクの気持ちは理解できました?

「わかる部分もありわからない部分もあり…だったんですけど、私自身ミクほど貪欲じゃないので、憧れるというか、『すごいな』『尊敬するな』って思います。熱心なところはいいけど、すごく言葉選びが下手くそで、自然と人を傷つけてしまっていることに気づかないし、自己中心的な部分もあって…。でも似ていないからこそ感情移入もしやすかったのかなと思います」

--「ずっとアイドルをやっていきたいわけではない」というのは意外な感じですが、そもそも浅川さんがアイドルになったきっかけはオーディション?

「はい。でも私がSUPER☆GiRLSに入ってきた動機は元メンバーの田中美麗ちゃんに会いたかっただけだし、その前にAKB48のオーディションも受けているんですけど、それも高橋みなみちゃんに会いたかっただけ。基本的にハングリー精神が何もなくて入ってきて今もそれは変わりません」

--ファンの立ち位置だったんですね。

「そうですね、ファンがここまで登ってきたようなもので、ミクのように本気でアイドルがやりたくて始めた子ではなくて」

--背景としては好対照ですね。

「だから逆に想像はしやすかったです。また原作がない作品だと自分で人物像を作っていけるので、やりやすいです。自分は“芝居もやるアイドル”として現場に行っているつもりはなく、一人の役者として行っているつもりなので、アイドルだけどしっかり、むしろアイドルの役だからこそ、いつもの浅川梨奈とは違う人間になるために、いつもより倍時間をかけて、いつもの倍考えて臨ませていただいた。だから神谷ミクに対しての思い入れは深いですね」

--劇中ではメンバー同士で言い争うシーンもあります。イベントでのパフォーマンスの出来についてだったり。たとえばスパガでもそれに近いようなことってある?

「私は思ったことははっきりというタイプなので、いろいろ言いますね。劇中のように、誰のダンスが下手だったとかは言わないですけど(笑)。たとえば自己紹介一つでも、ここに入れるべきものなのかとか、こういう目的のライブだからいらないとか、構成についてもよくメンバーやマネージャーと話します。ただ今年に入ってからはライブにはほとんど出ていないので、最近はグループのことについては何も言わず、合流したら『普段私いないので、決めていただいて大丈夫です』…というスタンスになっています」

--遠慮というわけじゃないけど?

「そこはずっとグループにいて、しっかり見てきている子たちが言うべきだと思っているので、私は客観的に見た時にここが足りないとか、こうしたほうがいいのに、というところはありますけど、そしたらそれを言えばいい。私は自分がやりたいことややるべきことを全部全力でやるべきだと思っているので、グループ活動のほうはみんなに任せようと今は思っています」

--ちなみに今の仕事の比率は?

「8割が“お芝居”で、残りの1割1割で“グラビア”と“アイドル”です。今一番楽しいと思えるのがお芝居をやらせてもらっている時なので、その状態が私はすごくありがたいと思っています」

--グラビアにはたくさん出ているイメージがありますが…。

「最近は数が減ってきました。時間がないということもあるんですけど…。そういう状態の中で、私はグループを抜けた時のことを考えながら常に活動しています。一人になった時にやっていけるのだろうかと。そのためにはグループに在籍している今が大事だと思っています。アイドルの時は仕事が多かったけどグループを辞めてから仕事が減っている方もたくさん見てきていて、あとで話を聞くと『それはそうなるだろうな』ということが正直多かったりするので、私は『あの子はちゃんとやるよね』と評価してもらえるように、まじめに楽しくやらせてもらって、足場を固めていきたいという気持ちで今はお仕事をさせていただいています」

--人気グループの中心メンバーですら、卒業後はそれなりに活躍していてもやはりグループ在籍時と比べたら印象が薄くなっている人もいます。

「成功している方はほんの一握りですし、そういう人は『あの子は頑張り屋だよ』とか『あの子はしっかりしているよ』とかいい評判を聞くし、私もそういう人間になっていきたい、『また仕事がしたい』と思ってもらえるようになりたいなと思います」

--話は映画に戻りますが、本作では走るシーン、戦うシーンが目立ちます。ここまでアクションが多いのは初めて?

「はい、ちゃんとアクションをやらせていただくのは初めてです。すごく楽しかったです。普段あまり動きたくないのですが、でもやっぱり動けば楽しくて」

--笑。普段お休みがあったら一日家にいるタイプ?

「はい、家から全く出ないです(笑)。休みがあったらずっとゲームか漫画の人間で、汗をかくことが嫌い(笑)。でも実際動いてみると楽しいなと思うし、役に入って戦うとそういう感情も出ます」

--その他見どころとしては?

「映像がきれいだし、ゾンビの迫力もすごい。でも一方で笑いどころも多く、『いやいやいやちょっとそんな…』というところもあるし、でもアクションはすごくかっこいいじゃんと思います」

--特にゾンビの描き方で笑いどころが多いですね

「ハチャメチャなシチュエーションだと思うんですよ。エレベーター開いたらゾンビがいたり、『ゾンビってエレベーター乗るのかい!』というツッコミどころがあったり。ゾンビハンターがいちいち自己紹介して出てきたり。でもその一方で、今回の作品ではめちゃめちゃ感情移入してしまって、台本に泣くとは書いていないのに、自然と涙が出てきたところもありました」

--今回の作品ならではの感情移入しやすかった要素って? 

「うーん、わからないんですけど、いろんな作品を経験させてもらって、役の作り方を模索していくなかで、少しずつそれが固まってきたときにこの作品に出会ったんです。初めてちゃんと役作りができたのかもしれません。自分のなかで裏設定を決めていったりだとか、そういうのってすごく大事なのかなって。役柄について、めちゃめちゃ過去のことまで考えたんです。このときにはメンバー同士で喧嘩していて、それはこういうイベントをやっていた時で、その前にはこういうところで路上ライブもやってたんだろうなとか」

--それは直接芝居に反映されないとしても、演じるにあたって自分の中でそういう土台があると、演技の説得力が増す気がします。

「何か迷ったときに、自分の考えの引き出しがあると行動しやすいし、その行動の理由もみつけやすいし、なんでこういうことするんだろう、こういうことを言うんだろうとか、見つけやすかったんです。正直最初の頃は『役作りって何?』って思っていて、なんとなくでやっていた自分もいて、昔の作品を見ると『もっとこうしておけばよかった』と今だから思うこともあります。いろいろな作品を経験させてもらって、いろんなことを考える楽しさだったり面白さを学んで、それでこの作品の出来上がりを見たときに、今の私だったらこうしていたなとか、こういう動きをしていたな、こういう言い方にしていたな、という発見もあると思うし、日々勉強だなと思います」

--この作品の撮影中の時期と比べても浅川さんの演技は進化しているんでしょうね。ただ演技ってどこまでいっても“100点”はないといいますし、その時点で出せるベストが作品として残るというのが面白いところかもしれません。

「私自身はいつでもその時点で出せる100%を出しているし、それはこの作品もですし、この時の私の100%で、でも今の私はこうだけど、2年後の私だったらこうなっているかもしれない。成長記録じゃないけど、私は成長スピードが人よりも遅いので。ドラマと映画の『咲-Saki-』(2017年)は最初に(メインキャストで)出て、その1年後に『阿知賀編』でちょっと出た時、1年前の自分の作品を改めて見て、自分が演じる和(のどか)をやる時に1年前じゃ考えられなかったことを考えながら表情を作ったりだとか、そういうことは続編だからこそできることだなと」

--最後にこれから映画を観る人にメッセージを。

「ミクちゃんは『ゾンビに噛まれて死にたくない』じゃなくて、『アイドルとして成功したいから死にたくない』『国民的アイドルになるまで死ねない』という、しっかりとした夢がある女の子。今ってなかなか夢を持つことは簡単ではないし、夢を口にするのって恥ずかしいことって思いがちだけど、自分のやりたいことや自分の思いを口にするということは大事だなと思うし、それに対して行動していくというのが、今回はたった3日間のお話だけど、人生を通して大事なことなんだなと思いました。“夢を口にしていく”のって大切なことなんです!」

〈プロフィール〉

浅川梨奈(あさかわ・なな)

生年月日:1999年4月3日生まれ(19歳)
血液型:B型
出身地:埼玉県

2014年、SUPER☆GiRLSの2期メンバーとして加入。グループ活動のほか、「1000年に1度の“童顔巨乳”」のキャッチフレーズでグラビアでも大人気に。3月には2nd写真集『NANA』をリリース。そして女優としては映画 & ドラマ『咲 -Saki-』、映画『人狼ゲーム マッドランド』(※主演)などに出演。

浅川梨奈
【浅川梨奈インタビュー】主演映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』でアイドル役に「役と自分が似てい …

【浅川梨奈インタビュー】主演映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』でアイドル役に「役と自分が似てい …

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」の浅川梨奈さんが6月9日公開の映画『トウキョウ・リビング・デッド・アイドル』に主演する。“アイドルが主人公であるゾンビ映画”というユニークな本作、舞台は限りなく現在の東京と同じ世界。浅川さん演じる人気アイドルが、ある日、ゾンビに噛まれてしまい、強制収容される前に逃亡。ゾンビ化するタイムリミット72時間以内にゾンビ血清を探し出すため奔走する…という内容となっている。

劇中に登場するアイドルグループ「TOKYO27区」を、浅川さんと、SUPER☆GiRLS 阿部夢梨さん、元スパガの尾澤ルナさんの3人が演じているが、浅川さん演じる神谷ミクをセンターに、映画の主題歌となっている『Hero』を3人が歌とダンスで魅せるライブシーンも見どころの一つとなっている。今回浅川さんが自身と同じアイドル役を演じるにあたっての思いを語った。

--3月の「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018」の舞台挨拶では「神谷ミクと浅川梨奈が被らないように意識しました」と語っていましたが、その心は?。

「スクリーンで動いている人間が普段の浅川梨奈にならないようにと。どの役でもそうなんですけど、今回は特にアイドルの役ということで似てしまいがちなので、神谷ミクとしてのステージングの仕方だったり、神谷ミクとしてのアイドル像を出せるようにと思いました。スクリーンでアイドルとして歌っているシーンを見たときに、『あ、スパガの浅川だ』と思われないように」

--具体的にはどういう点に気をつけましたか?

「たとえばダンスの踊り方や表情の作り方とかリップシーン(顔アップでの歌唱シーン)の口の動かし方とか、いつもとは違うように意識しました。普段の自分だったら絶対にしないようなことを織り交ぜてみたり、『アイドルとして100点でありたい』というミクを表現できるようにしました」

--ミクは地下アイドルからスタートして、ようやく人気アイドルへの階段を登り始めた段階。だからこそハングリー精神が強く、「アイドルとしてこうあるべき」という信条もしっかり持っていたり、そういう面でとても意識が高い女の子ですよね。

「『いつか中野サンプラザでコンサートをやる』ことを目標にしていて、その先もアイドルとして成功してゴールを迎えたい子。自分はずっとアイドルとして生きていきたいというわけではなく、そこは違うと思ったんですけど、 ミクのアイドルに対するプライドや思いを大切に、自分との違いを意識して演じました」

--ミクの気持ちは理解できました?

「わかる部分もありわからない部分もあり…だったんですけど、私自身ミクほど貪欲じゃないので、憧れるというか、『すごいな』『尊敬するな』って思います。熱心なところはいいけど、すごく言葉選びが下手くそで、自然と人を傷つけてしまっていることに気づかないし、自己中心的な部分もあって…。でも似ていないからこそ感情移入もしやすかったのかなと思います」

--「ずっとアイドルをやっていきたいわけではない」というのは意外な感じですが、そもそも浅川さんがアイドルになったきっかけはオーディション?

「はい。でも私がSUPER☆GiRLSに入ってきた動機は元メンバーの田中美麗ちゃんに会いたかっただけだし、その前にAKB48のオーディションも受けているんですけど、それも高橋みなみちゃんに会いたかっただけ。基本的にハングリー精神が何もなくて入ってきて今もそれは変わりません」

--ファンの立ち位置だったんですね。

「そうですね、ファンがここまで登ってきたようなもので、ミクのように本気でアイドルがやりたくて始めた子ではなくて」

--背景としては好対照ですね。

「だから逆に想像はしやすかったです。また原作がない作品だと自分で人物像を作っていけるので、やりやすいです。自分は“芝居もやるアイドル”として現場に行っているつもりはなく、一人の役者として行っているつもりなので、アイドルだけどしっかり、むしろアイドルの役だからこそ、いつもの浅川梨奈とは違う人間になるために、いつもより倍時間をかけて、いつもの倍考えて臨ませていただいた。だから神谷ミクに対しての思い入れは深いですね」

--劇中ではメンバー同士で言い争うシーンもあります。イベントでのパフォーマンスの出来についてだったり。たとえばスパガでもそれに近いようなことってある?

「私は思ったことははっきりというタイプなので、いろいろ言いますね。劇中のように、誰のダンスが下手だったとかは言わないですけど(笑)。たとえば自己紹介一つでも、ここに入れるべきものなのかとか、こういう目的のライブだからいらないとか、構成についてもよくメンバーやマネージャーと話します。ただ今年に入ってからはライブにはほとんど出ていないので、最近はグループのことについては何も言わず、合流したら『普段私いないので、決めていただいて大丈夫です』…というスタンスになっています」

--遠慮というわけじゃないけど?

「そこはずっとグループにいて、しっかり見てきている子たちが言うべきだと思っているので、私は客観的に見た時にここが足りないとか、こうしたほうがいいのに、というところはありますけど、そしたらそれを言えばいい。私は自分がやりたいことややるべきことを全部全力でやるべきだと思っているので、グループ活動のほうはみんなに任せようと今は思っています」

--ちなみに今の仕事の比率は?

「8割が“お芝居”で、残りの1割1割で“グラビア”と“アイドル”です。今一番楽しいと思えるのがお芝居をやらせてもらっている時なので、その状態が私はすごくありがたいと思っています」

--グラビアにはたくさん出ているイメージがありますが…。

「最近は数が減ってきました。時間がないということもあるんですけど…。そういう状態の中で、私はグループを抜けた時のことを考えながら常に活動しています。一人になった時にやっていけるのだろうかと。そのためにはグループに在籍している今が大事だと思っています。アイドルの時は仕事が多かったけどグループを辞めてから仕事が減っている方もたくさん見てきていて、あとで話を聞くと『それはそうなるだろうな』ということが正直多かったりするので、私は『あの子はちゃんとやるよね』と評価してもらえるように、まじめに楽しくやらせてもらって、足場を固めていきたいという気持ちで今はお仕事をさせていただいています」

--人気グループの中心メンバーですら、卒業後はそれなりに活躍していてもやはりグループ在籍時と比べたら印象が薄くなっている人もいます。

「成功している方はほんの一握りですし、そういう人は『あの子は頑張り屋だよ』とか『あの子はしっかりしているよ』とかいい評判を聞くし、私もそういう人間になっていきたい、『また仕事がしたい』と思ってもらえるようになりたいなと思います」

--話は映画に戻りますが、本作では走るシーン、戦うシーンが目立ちます。ここまでアクションが多いのは初めて?

「はい、ちゃんとアクションをやらせていただくのは初めてです。すごく楽しかったです。普段あまり動きたくないのですが、でもやっぱり動けば楽しくて」

--笑。普段お休みがあったら一日家にいるタイプ?

「はい、家から全く出ないです(笑)。休みがあったらずっとゲームか漫画の人間で、汗をかくことが嫌い(笑)。でも実際動いてみると楽しいなと思うし、役に入って戦うとそういう感情も出ます」

--その他見どころとしては?

「映像がきれいだし、ゾンビの迫力もすごい。でも一方で笑いどころも多く、『いやいやいやちょっとそんな…』というところもあるし、でもアクションはすごくかっこいいじゃんと思います」

--特にゾンビの描き方で笑いどころが多いですね

「ハチャメチャなシチュエーションだと思うんですよ。エレベーター開いたらゾンビがいたり、『ゾンビってエレベーター乗るのかい!』というツッコミどころがあったり。ゾンビハンターがいちいち自己紹介して出てきたり。でもその一方で、今回の作品ではめちゃめちゃ感情移入してしまって、台本に泣くとは書いていないのに、自然と涙が出てきたところもありました」

--今回の作品ならではの感情移入しやすかった要素って? 

「うーん、わからないんですけど、いろんな作品を経験させてもらって、役の作り方を模索していくなかで、少しずつそれが固まってきたときにこの作品に出会ったんです。初めてちゃんと役作りができたのかもしれません。自分のなかで裏設定を決めていったりだとか、そういうのってすごく大事なのかなって。役柄について、めちゃめちゃ過去のことまで考えたんです。このときにはメンバー同士で喧嘩していて、それはこういうイベントをやっていた時で、その前にはこういうところで路上ライブもやってたんだろうなとか」

--それは直接芝居に反映されないとしても、演じるにあたって自分の中でそういう土台があると、演技の説得力が増す気がします。

「何か迷ったときに、自分の考えの引き出しがあると行動しやすいし、その行動の理由もみつけやすいし、なんでこういうことするんだろう、こういうことを言うんだろうとか、見つけやすかったんです。正直最初の頃は『役作りって何?』って思っていて、なんとなくでやっていた自分もいて、昔の作品を見ると『もっとこうしておけばよかった』と今だから思うこともあります。いろいろな作品を経験させてもらって、いろんなことを考える楽しさだったり面白さを学んで、それでこの作品の出来上がりを見たときに、今の私だったらこうしていたなとか、こういう動きをしていたな、こういう言い方にしていたな、という発見もあると思うし、日々勉強だなと思います」

--この作品の撮影中の時期と比べても浅川さんの演技は進化しているんでしょうね。ただ演技ってどこまでいっても“100点”はないといいますし、その時点で出せるベストが作品として残るというのが面白いところかもしれません。

「私自身はいつでもその時点で出せる100%を出しているし、それはこの作品もですし、この時の私の100%で、でも今の私はこうだけど、2年後の私だったらこうなっているかもしれない。成長記録じゃないけど、私は成長スピードが人よりも遅いので。ドラマと映画の『咲-Saki-』(2017年)は最初に(メインキャストで)出て、その1年後に『阿知賀編』でちょっと出た時、1年前の自分の作品を改めて見て、自分が演じる和(のどか)をやる時に1年前じゃ考えられなかったことを考えながら表情を作ったりだとか、そういうことは続編だからこそできることだなと」

--最後にこれから映画を観る人にメッセージを。

「ミクちゃんは『ゾンビに噛まれて死にたくない』じゃなくて、『アイドルとして成功したいから死にたくない』『国民的アイドルになるまで死ねない』という、しっかりとした夢がある女の子。今ってなかなか夢を持つことは簡単ではないし、夢を口にするのって恥ずかしいことって思いがちだけど、自分のやりたいことや自分の思いを口にするということは大事だなと思うし、それに対して行動していくというのが、今回はたった3日間のお話だけど、人生を通して大事なことなんだなと思いました。“夢を口にしていく”のって大切なことなんです!」

〈プロフィール〉

浅川梨奈(あさかわ・なな)

生年月日:1999年4月3日生まれ(19歳)
血液型:B型
出身地:埼玉県

2014年、SUPER☆GiRLSの2期メンバーとして加入。グループ活動のほか、「1000年に1度の“童顔巨乳”」のキャッチフレーズでグラビアでも大人気に。3月には2nd写真集『NANA』をリリース。そして女優としては映画 & ドラマ『咲 -Saki-』、映画『人狼ゲーム マッドランド』(※主演)などに出演。

浅川梨奈
女子にも人気の綺麗なカラダ 馬場ふみかが『nonーno』で見せた「色っぽコーデ」

女子にも人気の綺麗なカラダ 馬場ふみかが『nonーno』で見せた「色っぽコーデ」

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

女優の馬場ふみか(22)が、ファッション雑誌『non-no』(集英社)で肩を大胆に露出したセクシーショットを披露し、注目を集めている。

 

■もっと見たい人は「non-no Web」?

『non-no』の公式インスタグラムに馬場の写真がアップされたのは25日。写真には、

「発売中のノンノ7月号『白っぽコーデで女子力UP↑』特集には馬場ふみかちゃんも登場 爽やか色っぽな夏シロコーデの全身カットは、non-no Webで見られるよー!』

というコメントが添えられており、白い肩を剥き出しにした馬場がセクシーな表情でカメラを見つめている。

■大人の色気を感じる表情

馬場自身の公式インスタグラムにも同じ写真が掲載されており、ファンからの熱いメッセージが寄せられている。

・やーば、こりゃファンが増えるわけだ

・何がいいかとゆうと ほくろの位置が最高にいいね

・大人の色気感じます とても素敵です

・ちょーかわいいしセクシー過ぎるね

■「動く馬場ふみか」も最高

さらに20日の『non-no』インスタグラムでは、7月号の特集「馬場ふみか的キレイなカラダの作り方24h」のオフショットムービーも公開されている。

白いお腹がチラリと見えるワンピースを着た彼女はセクシーで、はにかんだような笑顔もかわいらしい。

■モグラ女子馬場ふみかのセクシーボディ

フィギュア並のパーフェクトボディを持ち、モデル兼グラビアアイドル「モグラ女子」としても活躍する馬場ふみか。

女優業が軌道に乗っているだけに「グラビア卒業」を心配するファンの声も少なくないが、夏直前のこの季節『non-no』でも彼女のセクシーボディを見ることができそうだ。

・合わせて読みたい→あざとかわいい? 馬場ふみかが着る「ハグしたくなる彼女感ニット」って

(文/しらべぇ編集部・星子

女子にも人気の綺麗なカラダ 馬場ふみかが『nonーno』で見せた「色っぽコーデ」

女子にも人気の綺麗なカラダ 馬場ふみかが『nonーno』で見せた「色っぽコーデ」

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

女優の馬場ふみか(22)が、ファッション雑誌『non-no』(集英社)で肩を大胆に露出したセクシーショットを披露し、注目を集めている。

■もっと見たい人は「non-no Web」?

『non-no』の公式インスタグラムに馬場の写真がアップされたのは25日。写真には、

「発売中のノンノ7月号『白っぽコーデで女子力UP↑』特集には馬場ふみかちゃんも登場 爽やか色っぽな夏シロコーデの全身カットは、non-no Webで見られるよー!』

というコメントが添えられており、白い肩を剥き出しにした馬場がセクシーな表情でカメラを見つめている。

発売中のノンノ7月号「白っぽコーデで女子力UP↑」特集には馬場ふみかちゃんも登場? 爽やか色っぽな夏シロコーデの全身カットは、non-no Webで見られるよー! @fumika_baba #馬場ふみか #ふみふみ #肩が色っぽよだよ #nonno_magazine #nonno #ノンノ

A post shared by non-no (@nonno_magazine) on May 24, 2018 at 8:27am PDT

■大人の色気を感じる表情

馬場自身の公式インスタグラムにも同じ写真が掲載されており、ファンからの熱いメッセージが寄せられている。

・やーば、こりゃファンが増えるわけだ

・何がいいかとゆうと ほくろの位置が最高にいいね

・大人の色気感じます とても素敵です

・ちょーかわいいしセクシー過ぎるね

A post shared by 馬場ふみか (@fumika_baba) on May 24, 2018 at 7:05pm PDT

■「動く馬場ふみか」も最高

さらに20日の『non-no』インスタグラムでは、7月号の特集「馬場ふみか的キレイなカラダの作り方24h」のオフショットムービーも公開されている。

白いお腹がチラリと見えるワンピースを着た彼女はセクシーで、はにかんだような笑顔もかわいらしい。

. non-no7月号みてね??

A post shared by 馬場ふみか (@fumika_baba) on May 20, 2018 at 1:18am PDT

■モグラ女子馬場ふみかのセクシーボディ

フィギュア並のパーフェクトボディを持ち、モデル兼グラビアアイドル「モグラ女子」としても活躍する馬場ふみか。

女優業が軌道に乗っているだけに「グラビア卒業」を心配するファンの声も少なくないが、夏直前のこの季節『non-no』でも彼女のセクシーボディを見ることができそうだ。

(文/しらべぇ編集部・星子)

泉里香がウエディングドレス姿を披露!「ミス・シャーロック」第5話5・25配信

泉里香がウエディングドレス姿を披露!「ミス・シャーロック」第5話5・25配信

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

「ミス・シャーロック」 Hulu×HBOAsia共同製作ドラマ「ミス・シャーロック」Episode5が5月25日(金)に配信をスタートした。

 本作は、世界的な人気キャラクター、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンがもし現代の東京にいたら?そして2人とも女性だったら?という設定で描くミステリードラマ。シャーロック・ホームズを竹内結子、ジョン・ワトソンならぬ和都を貫地谷しほりが演じる。Episode 5「消えた新婦」では、人気モデル・泉里香が“こつ然と姿を消した花嫁”役でゲスト出演し、華麗なウエディングドレス姿を披露する。

 ドレス姿での撮影に、本物の花嫁さながらのキラキラとした笑顔を浮かべた泉は「細部までこだわりを感じる刺繍レースが施されたドレスを着られた上に、結婚式を疑似体験することもできて、うれしかったです。“結婚式ってこんな感じなんだ!”ってワクワクしました。純白のドレスに包まれる花嫁って素敵ですね!」と感想を語った。

 ウエディングドレスを着るのは「ドラマではたぶん初めて」という泉。だが、実はスチール撮影やプロモーションビデオでは何度も経験済みだそうで「ウエディングドレスは女子の憧れだと言うけれど、私は仕事で着すぎちゃったので、あまり欲がないんです。だから、自分の結婚式のときは、どのドレスにするか決められないと思います」と。「旦那さんに選んでもらうか、旦那さんが興味なかったら母親に決めてもらおうかな」とひそかなプランも明かしつつ「こうなったら、白無垢もいいかもしれませんね」と想像を膨らませた。

 「ミステリー作品に出演するのは初めて」という泉は「お話が面白くて、台本を読めば読むほど先が気になりました。シャーロックと和都が展開する“強い女性同士の掛け合い”も楽しかったです」と感想を。

 主演・竹内との共演については「竹内さんは事務所の先輩ですが、お会いするのは今回が初めてなんです。ドキドキしました!」と泉。「竹内さんは“真の女優さん”というイメージ。私も竹内さんの背中を見て成長できればいいな、と思っています」と意気込みつつ、「今回はネタバレになるので役について多く語れないですが、理沙の“強さ”、そして視聴者の皆さんをどう楽しませるかを意識しながら演じました。ぜひご覧ください!」と語った。

Episode 5「消えた新婦」あらすじ
 突然のフラッシュバックに襲われ、倒れこんでしまった和都(貫地谷しほり)は、入川クリニックに相談に行くのだが、そこで入川(斉藤由貴)からPTSDが発症したことを告げられる。一方、シャーロック(竹内結子)は、礼紋(滝藤賢一)から「披露宴の直前に、結婚式場の控え室から突如として花嫁が失踪した」という連絡を受け、捜査に行くことに。花嫁はモデルの真島理沙(泉里香)で、新郎は注目の有名ジュエリーデザイナー・冴木数馬(淵上泰史)。一見、順風満帆のはずの2人の間に何が起きたのか。シャーロックと和都が捜査を始める。

「ミス・シャーロック」
Huluで世界19か国同日放送[全8話]
毎週金曜日1話ずつ配信

<キャスト>
主演:竹内結子/貫地谷しほり/滝藤賢一/中村倫也/大谷亮平/小澤征悦/斉藤由貴/伊藤蘭 ほか

脚本:丸茂周/小谷暢亮/政池洋佑/及川真実/森淳一
監督:森淳一/瀧悠輔/松尾崇
音楽:末廣健一郎
エグゼクティブ・プロデューサー:長澤一史/毛利忍/Jonathan Spink/Beibei Fan/石田和義
プロデューサー:戸石紀子/村上公一
制作プロダクション:ROBOT
製作著作:©c2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F

番組公式サイト:https://www.happyon.jp/static/miss-sherlock/

泉里香、“愛されマシュマロボディ”の作り方

泉里香、“愛されマシュマロボディ”の作り方

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
【泉里香/モデルプレス=5月25日】モデルの泉里香が、発売中の雑誌「VOCE」7月号の表紙を飾った。女性が憧れる“愛されボディ”の作り方を明かした。
泉里香/「VOCE」7月号(画像提供:講談社)
泉里香/「VOCE」7月号(画像提供:講談社)

泉里香、マシュマロボディを披露

スレンダーでもちもち、うっとりするほどの曲線美…多くの女性が憧れる愛されボディを持つ泉。白のタンクトップとショートパンツを着こなし、柔らかマシュマロ肌を惜しみなく披露している。
泉里香/「VOCE」7月号(画像提供:講談社)
泉里香/「VOCE」7月号(画像提供:講談社)

泉里香の“愛されカラダ論”

撮影前はカロリーコントロールや筋トレに励むようだが、「まるでアスリートみたいに自分を追い込む私ですが(笑)、普段、美ボディのためにしているのは、ささいなことばかり。でも、この日々の積み重ねが未来のキレイを連れてきてくれると思っていて」という泉。

さらにその理由として「食事制限も運動も、ハードすぎると絶対にどこかで息切れして、結果が台無しになるから、肩の力をなるべく抜いて、長い目で頑張るのが成功の秘訣。ダイエットこそ“継続は力なり”だと思うんです」と自身が思う“愛されカラダ論”を語った。

ほかにも誌面では、美しいボディを作るための詳しい具体案や格言など、秘訣をたっぷりと明かしている。(modelpress編集部)

泉里香/「VOCE」7月号(画像提供:講談社)
泉里香/「VOCE」7月号(画像提供:講談社)
「VOCE」7月号(講談社、2018年5月22日発売)表紙:泉里香(提供画像)
「VOCE」7月号(講談社、2018年5月22日発売)表紙:泉里香(提供画像)
情報:講談社

【Not Sponsored 記事】

泉里香、ウエディングドレス姿披露!

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
No image

モデルの泉里香が、25日より配信されたHulu×HBOAsia共同製作ドラマ『ミス・シャーロック』のEpisode5に、忽然と姿を消した花嫁役でゲスト出演し、ウエディングドレス姿を披露している。

同ドラマは、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンという全世界の映画・ドラマ史上最も多く映像化されているキャラクターを、シャーロックの圧巻の謎解きはそのままに、「2人がもし現代の東京にいたら?」「2人とも女性だったら?」という設定のもと大胆な新解釈で捉えた作品。竹内結子演じる“史上最も美しい”シャーロック・ホームズと、貫地谷しほり演じる相棒ワトソンならぬ和都が織りなす”新シャーロック・ワールド”を描く。

Episode5「消えた新婦」では、シャーロック(竹内)と和都(貫地谷)が、結婚式場の控室から花嫁・真島理沙(泉)が突如失踪する…という謎多き事件に挑む。泉は初登場シーンで、フラワーモチーフの刺繍レースをあしらった純白のウエディングドレス姿を披露。思わずため息が漏れるような美しさを解き放ち、撮影現場でもスタッフや出演者、エキストラをうっとりさせた。

ウエディングドレスドレス姿での撮影に、泉は「細部までこだわりを感じる刺繍レースが施されたドレスを着られた上に、結婚式を疑似体験することもできて、うれしかったです。”結婚式ってこんな感じなんだ!”ってワクワクしました。純白のドレスに包まれる花嫁って素敵ですね!」とテンションが上がった様子。

だが、ドラマでウエディングドレスを着るのは「たぶん初めて」というも、スチール撮影やプロモーションビデオでは何度も経験済みだそうで、「ウエディングドレスは女子の憧れだと言うけれど、私は仕事で着すぎちゃったので、あまり欲がないんです。だから、自分の結婚式のときは、どのドレスにするか決められないと思います」と苦笑い。「旦那さんに選んでもらうか、旦那さんが興味なかったら母親に決めてもらおうかな。こうなったら、白無垢もいいかもしれませんね」と話した。

また、初のミステリー作品出演に「お話が面白くて、台本を読めば読むほど先が気になりました。シャーロックと和都が展開する“強い女性同士の掛け合い”も楽しかったです」と感想を語り、「竹内さんは事務所の先輩ですが、お会いするのは今回が初めてなんです。ドキドキしました!」と竹内との共演に興奮。「竹内さんは“真の女優さん”というイメージ。私も竹内さんの背中を見て成長できればいいなと思っています」と語り、「理沙の”強さ”、そして視聴者の皆さんをどう楽しませるかを意識しながら演じました。ぜひご覧ください!」と呼びかけた。

泉里香、竹内結子主演ドラマで圧巻のウエディングドレス姿を披露!「美し過ぎる…」(1/2)

泉里香、竹内結子主演ドラマで圧巻のウエディングドレス姿を披露!「美し過ぎる…」(1/2)

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
圧巻のウエディングドレス姿を披露した泉里香
  • 圧巻のウエディングドレス姿を披露した泉里香

主演に竹内結子、そのバディ役に貫地谷しほりを迎えて4月27日よりスタートしたHulu×HBO Asia共同製作ドラマ「ミス・シャーロック」。5月25日には第5話がHuluにて配信された。そこで、泉里香が”こつぜんと姿を消した花嫁”役でゲスト出演し、華麗なるウエディングドレス姿を披露している。

早速配信を見たファンからは「里香ちゃんキレイ!」「美し過ぎる…」「こんな花嫁がいたら逆に心配だわ笑」といった反響が上がっている。

シャーロック(竹内)と和都(貫地谷)が、結婚式場の控室から花嫁・真島理沙(泉)が突如失踪する…という謎多き事件に挑む第5話「消えた新婦」。

泉は初登場シーンで、フラワーモチーフの刺しゅうレースをあしらった純白のウエディングドレス姿を披露する。

ファッションモデルそして、水着グラビアなどで圧倒的プロポーションを披露するモグラ女子の泉。このウエディングドレス姿も思わずため息が漏れるような美しさを放ち、撮影現場でもスタッフや出演者、エキストラをうっとりさせた。

ドレス姿での撮影に泉自身もテンションが上がったようで、花嫁さながらのキラキラとした笑顔を浮かべ「細部までこだわりを感じる刺しゅうレースが施されたドレスを着られた上に、結婚式を疑似体験することもできて、うれしかったです」と大喜び。

続けて「”結婚式ってこんな感じなんだ!”ってワクワクしました。純白のドレスに包まれる花嫁ってすてきですね!」と、興奮混じりの感想を漏らした。

Hulu×HBO Asia共同製作ドラマ「ミス・シャーロック」
Hulu配信/世界19カ国同日放送中(全8話)
※毎週金曜朝10時最新話配信
【公式サイト】https://www.happyon.jp/static/miss‒sherlock/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

泉里香、麗しいウエディングドレス姿 竹内結子と共演「背中を見て成長できればいいな」

泉里香、麗しいウエディングドレス姿 竹内結子と共演「背中を見て成長できればいいな」

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
【泉里香/モデルプレス=5月25日】モデルの泉里香が、竹内結子貫地谷しほりが出演するHuluとHBOAsiaが共同製作したオリジナル連続ドラマ『ミス・シャーロック』のEpisode5(5月25日より配信スタート)に出演。ウエディングドレス姿を披露した。
泉里香(C)2018 HJ HOLDINGS,INC & HBO PACIFIC PARTNERS,V.O.F
泉里香(C)2018 HJ HOLDINGS,INC & HBO PACIFIC PARTNERS,V.O.F
同作はシャーロック・ホームズとジョン・ワトソンがもし現代の東京にいたら、そして、ふたりとも女性だったら、とふたりを大胆不敵な新解釈で捉えたオリジナル連続ドラマ。竹内演じるシャーロック・ホームズと、貫地谷演じる相棒ワトソンならぬ和都が織りなす“新シャーロック・ワールド”を展開している。

泉里香のウエディングドレス姿が麗しい…スタッフもうっとり

25日より配信開始のEpisode5には、泉がこつ然と姿を消した花嫁役でゲスト出演。シャーロック(竹内)と和都(貫地谷)が、結婚式場の控室から花嫁・真島理沙(泉)が突如失踪する…という謎多き事件に挑む。泉は初登場シーンで、フラワーモチーフの刺繍レースをあしらった純白のウエディングドレス姿を披露。思わずため息が漏れるような美しさを解き放ち、撮影現場でもスタッフや出演者、エキストラをうっとりさせた。

ドレス姿での撮影に、泉自身もテンションが上がったようで、本物の花嫁さながらのキラキラとした笑顔を浮かべ「細部までこだわりを感じる刺繍レースが施されたドレスを着られた上に、結婚式を疑似体験することもできて、うれしかったです。“結婚式ってこんな感じなんだ!”ってワクワクしました。純白のドレスに包まれる花嫁って素敵ですね!」と、興奮混じりの感想を漏らした。

ウエディングドレスを着るのは「ドラマではたぶん初めて」という泉だが、実はスチール撮影やプロモーションビデオでは何度も経験済みだそう。そんな彼女は「ウエディングドレスは女子の憧れだと言うけれど、私は仕事で着すぎちゃったので、あまり欲がないんです。だから、自分の結婚式のときは、どのドレスにするか決められないと思います」と苦笑い。「旦那さんに選んでもらうか、旦那さんが興味なかったら母親に決めてもらおうかな」と密かなプランを明かす一方で「こうなったら、白無垢もいいかもしれませんね」と想像を膨らませていた。

泉里香(C)2018 HJ HOLDINGS,INC & HBO PACIFIC PARTNERS,V.O.F
泉里香(C)2018 HJ HOLDINGS,INC & HBO PACIFIC PARTNERS,V.O.F

竹内結子と初共演

また、「ミステリー作品に出演するのは初めて」という泉。「お話が面白くて、台本を読めば読むほど先が気になりました。シャーロックと和都が展開する“強い女性同士の掛け合い”も楽しかったです」と、物語の感想を明かす。

そんな背景もあって撮影を心待ちにしていた泉だが、中でも胸が高鳴ったのは主演・竹内との共演だ。「竹内さんは事務所の先輩ですが、お会いするのは今回が初めてなんです。ドキドキしました!」と明かし「竹内さんは“真の女優さん”というイメージ。私も竹内さんの背中を見て成長できればいいな、と思っています」と意気込み新たに。

ゲスト出演したEpisode5については「今回はネタバレになるので役について多く語れないですが、理沙の“強さ”、そして視聴者の皆さんをどう楽しませるかを意識しながら演じました。ぜひご覧ください!」とアピールした。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

泉里香、ウエディングドレス姿披露!「仕事で着すぎて…」と本音も

泉里香、ウエディングドレス姿披露!「仕事で着すぎて…」と本音も

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

モデルの泉里香が、25日より配信されたHulu×HBOAsia共同製作ドラマ『ミス・シャーロック』のEpisode5に、忽然と姿を消した花嫁役でゲスト出演し、ウエディングドレス姿を披露している。

同ドラマは、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンという全世界の映画・ドラマ史上最も多く映像化されているキャラクターを、シャーロックの圧巻の謎解きはそのままに、「2人がもし現代の東京にいたら?」「2人とも女性だったら?」という設定のもと大胆な新解釈で捉えた作品。竹内結子演じる“史上最も美しい”シャーロック・ホームズと、貫地谷しほり演じる相棒ワトソンならぬ和都が織りなす”新シャーロック・ワールド”を描く。

Episode5「消えた新婦」では、シャーロック(竹内)と和都(貫地谷)が、結婚式場の控室から花嫁・真島理沙(泉)が突如失踪する…という謎多き事件に挑む。泉は初登場シーンで、フラワーモチーフの刺繍レースをあしらった純白のウエディングドレス姿を披露。思わずため息が漏れるような美しさを解き放ち、撮影現場でもスタッフや出演者、エキストラをうっとりさせた。

ウエディングドレスドレス姿での撮影に、泉は「細部までこだわりを感じる刺繍レースが施されたドレスを着られた上に、結婚式を疑似体験することもできて、うれしかったです。”結婚式ってこんな感じなんだ!”ってワクワクしました。純白のドレスに包まれる花嫁って素敵ですね!」とテンションが上がった様子。

だが、ドラマでウエディングドレスを着るのは「たぶん初めて」というも、スチール撮影やプロモーションビデオでは何度も経験済みだそうで、「ウエディングドレスは女子の憧れだと言うけれど、私は仕事で着すぎちゃったので、あまり欲がないんです。だから、自分の結婚式のときは、どのドレスにするか決められないと思います」と苦笑い。「旦那さんに選んでもらうか、旦那さんが興味なかったら母親に決めてもらおうかな。こうなったら、白無垢もいいかもしれませんね」と話した。

また、初のミステリー作品出演に「お話が面白くて、台本を読めば読むほど先が気になりました。シャーロックと和都が展開する“強い女性同士の掛け合い”も楽しかったです」と感想を語り、「竹内さんは事務所の先輩ですが、お会いするのは今回が初めてなんです。ドキドキしました!」と竹内との共演に興奮。「竹内さんは“真の女優さん”というイメージ。私も竹内さんの背中を見て成長できればいいなと思っています」と語り、「理沙の”強さ”、そして視聴者の皆さんをどう楽しませるかを意識しながら演じました。ぜひご覧ください!」と呼びかけた。

純白ウエディングドレス姿を披露 「ミス・シャーロック」で結婚式“疑似体験”

純白ウエディングドレス姿を披露 「ミス・シャーロック」で結婚式“疑似体験”

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
連続ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の第5話にゲスト出演する泉里香さん(C)2018 HJ HOLDINGS,INC & HBO PACIFIC PARTNERS,V.O.F

 モデルで女優の泉里香さんが、動画配信サービス「Hulu(フールー)」で配信中の連続ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」の第5話にゲスト出演し、ウエディングドレス姿を披露することが25日、分かった。フラワーモチーフの刺しゅうレースをあしらった純白のドレス姿を披露した泉さんは「ドレスを着られた上に、結婚式を疑似体験することもできて、うれしかったです」と笑顔。自身の結婚式で着るドレスについては、「旦那さんに選んでもらうか、旦那さんが興味なかったら母親に決めてもらおうかな」と話していた。

 ドラマは、名探偵のシャーロック・ホームズと相棒のジョン・ワトソンが「もし現代の東京にいたら」「2人とも日本人女性だったら」という視点で描かれるミステリー作品。外科医師の橘和都(貫地谷しほりさん)は、シリアから帰国した日に、恩師が目の前で死ぬ事件に遭遇。その捜査で、天才的な洞察力を持つ捜査コンサルタントのシャーロック(竹内結子さん)と出会う。2人は奇妙な共同生活を始め、コンビとして事件の捜査に関わる……というストーリー。

 第5話「消えた新婦」では、結婚式場の控室から花嫁が突如失踪して……というストーリーが展開。泉さんは、忽然(こつぜん)と姿を消した花嫁・真島理沙役を演じる。今回がミステリー作品に初出演という泉さんは「お話が面白くて、台本を読めば読むほど先が気になりました」とコメント。事務所の先輩・竹内さんとの共演については「お会いするのは今回が初めてなんです。ドキドキしました!」と明かしながらも、「私も竹内さんの背中を見て成長できればいいなと思っています」と話している。

「可愛すぎ&エロすぎ」小倉優香、胸の谷間あらわなワンピース姿で男性ファンを悩殺

「可愛すぎ&エロすぎ」小倉優香、胸の谷間あらわなワンピース姿で男性ファンを悩殺

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

 大ブレイク中のグラビアアイドル・小倉優香(19)が、発売中の「週刊少年チャンピオン」26号(秋田書店)の表紙&グラビアに初登場。そのオフショットが公開され、抜群のプロポーションとド迫力の胸の谷間に男性ファンが沸き立っている。

 同誌には「19歳の神ボディ!!」とのキャッチコピーが踊り、小倉は大胆なビキニ姿で表紙に登場。水着に収まりきらない爆乳ぶりを発揮し、8ページにわたるグラビアでも規格外の極上スタイルを見せつけている。

 小倉は24日付の自身のTwitterで「少年チャンピオン今日発売です。ぜひゲットしてください!」と告知しながら、複数のオフショットを公開。清楚さを感じさせるワンピースをまとい、豊満なバストの谷間をチラリとのぞかせた健康的なセクシーショットになっている。

 これにネット上の男性たちからは「目の保養ありがとうございます!」「すさまじく可憐!」「これは買わねば!」「可愛すぎ&エロすぎでやべえ」などと絶賛コメントが続出。大ブレイク中の彼女の人気の高さがうかがえる大好評ぶりとなっている。

 また、小倉は発売中の「FRIDAY」(講談社)の表紙にも登場。こちらはランジェリー風のビキニ姿で大人の色気を感じさせる仕上がりになっており、テイストの違う少年誌と写真週刊誌のどちらにも対応できる表現力の高さを発揮している。

 さらに、小倉は5月22日にファースト写真集『ぐらでーしょん』(講談社)を発売。23日付のAmazonのタレント写真集ランキングで1位を獲得し、名実ともに「ナンバーワングラドル」であることを証明した。

 23日夜に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)にゲスト出演するなど、バラエティでも見掛ける機会が増加。チアダンスの経験を生かして今年7月スタートのドラマ『チア☆ダン』(同)にレギュラー出演することも決定し、女優としての注目度も上昇。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで大躍進を遂げている。

 昨年4月にグラビアデビューしてから約1年。最近はダイエットを宣言し、さらなるボディの進化が期待されている小倉。破竹の快進撃でグラビア界の頂点に立った彼女の活躍はまだまだ続きそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

「可愛すぎ&エロすぎ」小倉優香、胸の谷間あらわなワンピース姿で男性ファンを悩殺

「可愛すぎ&エロすぎ」小倉優香、胸の谷間あらわなワンピース姿で男性ファンを悩殺

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
※イメージ画像:「小倉優香Twitter(@ogurayuka_0905)」より

 大ブレイク中のグラビアアイドル・小倉優香(19)が、発売中の「週刊少年チャンピオン」26号(秋田書店)の表紙&グラビアに初登場。そのオフショットが公開され、抜群のプロポーションとド迫力の胸の谷間に男性ファンが沸き立っている。

 同誌には「19歳の神ボディ!!」とのキャッチコピーが踊り、小倉は大胆なビキニ姿で表紙に登場。水着に収まりきらない爆乳ぶりを発揮し、8ページにわたるグラビアでも規格外の極上スタイルを見せつけている。

 小倉は24日付の自身のTwitterで「少年チャンピオン今日発売です。ぜひゲットしてください!」と告知しながら、複数のオフショットを公開。清楚さを感じさせるワンピースをまとい、豊満なバストの谷間をチラリとのぞかせた健康的なセクシーショットになっている。

 これにネット上の男性たちからは「目の保養ありがとうございます!」「すさまじく可憐!」「これは買わねば!」「可愛すぎ&エロすぎでやべえ」などと絶賛コメントが続出。大ブレイク中の彼女の人気の高さがうかがえる大好評ぶりとなっている。

 また、小倉は発売中の「FRIDAY」(講談社)の表紙にも登場。こちらはランジェリー風のビキニ姿で大人の色気を感じさせる仕上がりになっており、テイストの違う少年誌と写真週刊誌のどちらにも対応できる表現力の高さを発揮している。

小倉優香ファースト写真集『ぐらでーしょん』

バカ売れ中

amazon_associate_logo.jpg

今、あなたにオススメ
【 人気のキーワード 】
モデル・松元絵里花「化粧くずれ」の悩みを吐露 AYAのクロスフィットトレーニングに歓喜

モデル・松元絵里花「化粧くずれ」の悩みを吐露 AYAのクロスフィットトレーニングに歓喜

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
sub5.jpg

AYA×松元絵里花 最強崩さない下地

5月17日、ベースメイクブランド『プリマヴィスタ』からくずさない下地の「皮脂くずれ防止 化粧下地」をテーマにしたイベントを開催した。

“筋トレ女子”のカリスマであるクロスフィットトレーナーのAYAと、“美腹筋”で話題のモデル・松元絵里花が登場し、大事な勝負どきに、身体・メイクなどがくずれていない女性でいるために心掛けていることを「最強くずさない術」を紹介した。

AYAと松元、共通の美BODYを保つ秘訣は?

AYAはプロの目線から「毎日鏡を見て自分自身の身体を知ることですね。常に自分の顔色やコンディションを確認するようにしています。」と答え、松元は「日常の生活に運動を取り入れる事です。例えば座っているときは太ももを内側にしめるなど、意識するようにしています。」と、ストイックな一面を明かした。

sub8.jpg

夏・梅雨が迫るこの時期!体型のみならず、化粧のくずれも気になる!?

高温多湿の環境になる梅雨・夏本番を迎えるこの時期は、肌の露出が増え、体型のくずれが気になるだけでなく、汗・皮脂による化粧のくずれについても、他人の目線が気になるシーズン。

メディアに露出することが多いAYAは、撮影や取材でトレーニングの様子を披露際の悩みについて「バッチリメイクの中で運動をすると、テカってしまったりするのが気になりますね。」と化粧くずれに対する苦労を告白。

また、松元は「朝から晩まで長い時間ロケが続くと、特に小鼻など化粧くずれが気になって、仕事に集中するのに必死です。」とレポートやロケでの化粧くずれの経験について語った。

sub10.jpg
sub11.jpg

松元さんが、AYAさんトレーニング法を披露!大事な勝負どきでも、きれいな仕上がりが長続き!

松元は「AYAさんのトレーニングをずっと受けてみたかったので楽しみです。」と意気込み、AYAのクロスフィットトレーニングを実演。

最後には滴り落ちる汗をタオルで拭い、ふたりとも「テカリが気にならず、ずっときれいな仕上がり!」と喜んだ。

最後に、AYAは「トレーニングしてもくずれにくい勝負肌下地だと実感しました!」と感想を述べ、松元は「これからの季節、化粧くずれをしたくない女性はぜひ使ってみてください!本当に頼れる、お守りみたいな存在です。」とコメント。自信に満ち溢れた笑顔で会場を後にした。

sub6.jpg
sub7.jpg

発信地・日本

関連記事

モデル・松元絵里花「化粧くずれ」の悩みを吐露 AYAのクロスフィットトレーニングに歓喜

モデル・松元絵里花「化粧くずれ」の悩みを吐露 AYAのクロスフィットトレーニングに歓喜

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ
sub5.jpg

AYA×松元絵里花 最強崩さない下地

5月17日、ベースメイクブランド『プリマヴィスタ』からくずさない下地の「皮脂くずれ防止 化粧下地」をテーマにしたイベントを開催した。

“筋トレ女子”のカリスマであるクロスフィットトレーナーのAYAと、“美腹筋”で話題のモデル・松元絵里花が登場し、大事な勝負どきに、身体・メイクなどがくずれていない女性でいるために心掛けていることを「最強くずさない術」を紹介した。

AYAと松元、共通の美BODYを保つ秘訣は?

AYAはプロの目線から「毎日鏡を見て自分自身の身体を知ることですね。常に自分の顔色やコンディションを確認するようにしています。」と答え、松元は「日常の生活に運動を取り入れる事です。例えば座っているときは太ももを内側にしめるなど、意識するようにしています。」と、ストイックな一面を明かした。

sub8.jpg

夏・梅雨が迫るこの時期!体型のみならず、化粧のくずれも気になる!?

高温多湿の環境になる梅雨・夏本番を迎えるこの時期は、肌の露出が増え、体型のくずれが気になるだけでなく、汗・皮脂による化粧のくずれについても、他人の目線が気になるシーズン。

メディアに露出することが多いAYAは、撮影や取材でトレーニングの様子を披露際の悩みについて「バッチリメイクの中で運動をすると、テカってしまったりするのが気になりますね。」と化粧くずれに対する苦労を告白。

また、松元は「朝から晩まで長い時間ロケが続くと、特に小鼻など化粧くずれが気になって、仕事に集中するのに必死です。」とレポートやロケでの化粧くずれの経験について語った。

sub10.jpg
sub11.jpg

松元さんが、AYAさんトレーニング法を披露!大事な勝負どきでも、きれいな仕上がりが長続き!

松元は「AYAさんのトレーニングをずっと受けてみたかったので楽しみです。」と意気込み、AYAのクロスフィットトレーニングを実演。

最後には滴り落ちる汗をタオルで拭い、ふたりとも「テカリが気にならず、ずっときれいな仕上がり!」と喜んだ。

最後に、AYAは「トレーニングしてもくずれにくい勝負肌下地だと実感しました!」と感想を述べ、松元は「これからの季節、化粧くずれをしたくない女性はぜひ使ってみてください!本当に頼れる、お守りみたいな存在です。」とコメント。自信に満ち溢れた笑顔で会場を後にした。

sub6.jpg
sub7.jpg

発信地・日本

関連記事

グラドル小倉優香、『水曜日のダウンタウン』衣装が「確信犯すぎる」と話題

グラドル小倉優香、『水曜日のダウンタウン』衣装が「確信犯すぎる」と話題

カテゴリ
モグラ女子速報
タグ

(©ニュースサイトしらべぇ)

Gカップの豊満バストと身長167センチの「リアル峰不二子ボディ」で人気のグラドル・小倉優香(19)が、23日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)に出演。

スタイルの良さがはっきりわかる衣装に、称賛の声が寄せられている。

■ノースリーブのぴったりトップス

#ダイエット28日目と水曜日のダウンタウン 朝 *卵焼き *バナナ 昼 *小麦粉不使用のカレー 夜 *豆腐 *グルテンフリークッキー 間食 *ナッツ この後22:00〜 TBSで水曜日のダウンタウンに出演するのでみてください?? #ダイエット #水曜日のダウンタウン #小倉優香 #衣装 #グルテンフリー

A post shared by 小倉優香 (@ogurayuka_official) on May 23, 2018 at 5:35am PDT

グレーのノースリーブトップスと青い花柄のスカートを合わせた衣装。シンプルで落ち着いた印象ながらも、深めのカットで脇がチラリと見えている。

また、ウエスト部分がなかなかに細いデザインのため、その上と下のギャップがスゴいことに…。

#ダイエット決意!体重公開 太ったんだというと そんなことないよ大丈夫大丈夫って 言われるのを 信じて調子に乗り… みてください??♂? 証拠写真…. 顔も体も気づかないうちにこんなに変わってしまいました??♂???♂? 痩せなきゃと思いつつ食べてしまい 運動しなきゃって思いつつ気温や天気を言い訳に寝てしまい、 体重は 以前48キロ→現在53キロ? 体脂肪率 以前20%→現在27.5%? 今日、ついに1年前は着られたショートパンツのチャックが閉まらなくなったんです 本当絶望しました。、、 そこで決意しました。 痩せるぞ!!!? 今度こそ本当に泣 食べないダイエットはではなく 健康的に理想的な体を目指します 目標は見た目で以前の体を超えることと 体重と体脂肪率も戻すこと。 私の場合お腹周りと太もも周りに非常に付きやすいので、 まずは食べたものを記録するレコーディングダイエットと 毎日体重計に乗ることから始めて 運動を増やし、 筋肉を落とさずに痩せることを意識します! よぉーし! 頑張るぞ!!??

A post shared by 小倉優香 (@ogurayuka_official) on Apr 15, 2018 at 5:34am PDT

先月15日のダイエット宣言以降、ほぼ毎日食事内容をインスタにアップしている小倉。この放送がいつの撮影だったのかは不明なものの、体型や顔周りがすっきりしているのを見る限り、なかなか順調そうだ。

■「むっちりバンザイ」「確信犯」

この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。

・むっちりバンザイ

・チラっと映る度にエロっ!ってなる(^^)

・痩せたね〜!

・おっぱ……いや服カワイイ

・足首細っ! それでいて胸が大きいとか反則やわ

・か、確信犯すぎる…

■「巨乳」は何カップから?

(©ニュースサイトしらべぇ)

ちなみに、以前しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,357名を対象に行なった「何カップから巨乳と言えるのか?」の調査では、DカップとEカップに答えが集中。

Gカップの小倉を「巨乳ではない!」と判断するのは男女ともに4.3%という結果になった。つまり、全体の96%が彼女を巨乳と認めると考えられる。

その恵まれたボディを生かして、今後もグラビアにバラエティに頑張ってもらいたところだ。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年6月2日〜2017年6月5日
対象:全国20代〜60代男女1,357名(有効回答数)